小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜コーナーキックのコツ〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:サッカークラブで週2〜3回

回数:24レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。


瑞穂区の小学3年生の生徒様のレッスンでした。

新学年に上がり、本人の努力とレッスンの成果も有りロングキックが飛ぶようになってきました。

そしてチームではコーナーキックのキッカーに任されるようになりました。

なかなかコーナーキックだけの指導を受けれる場面は無いと思います。

コーナーキックの蹴り方について質問を頂きましたので紹介したいと思います。


まずは蹴ったボールがラインをそのまま割らない事。(相手のゴールキックにしてしまう。)

せっかくのチャンスをそのまま相手のゴールキックに変えてしまうと、味方のモチベーションにも影響しますので注意したいです。

ここでのコツは助走です。

コーナーキックを蹴る時にゴールに対しての助走を取ってしまう子が多く、ラインを割ってしまう可能性が高くなります。

助走はゴールに対してではなく、PKのあたりに対しての助走にすればラインを割る可能性が低くなります。


次に高さが出ないため手前にいるDFにカットされてしまう。

コーナーキックはチームでもしっかりキック出来る子が担当すると思いますが、

蹴り慣れていなければ緊張等でミスキックも多発するでしょう。

手前のDFに取られるとカウンターを受けやすいのでそこは避けゴールの前に放り込む事で得点に繋がる可能性も高くなります。

どこに蹴ろうか迷った時もボールの下をしっかり蹴り、

手前のDFに取られないよう蹴りましょう。


そしてしっかり蹴れる事を前提として応用です。

蹴る時のボールと蹴り足の最初に当たる点や足の角度を変えるだけでボールが勝手にカーブしていくボールを蹴ることが出来ます。


カーブボールをけれるようになる事でゴールに向かっていくボールやGKから離れていくボールといった相手に対して嫌なボールをけれるようになります。


コツとして、いつもはインフロントキックでボールの真下をけれるようにします。

曲げたいときはボールの真下から少しずれた所を蹴ります。

これだけでカーブボールは蹴れる様になりますが、まずはしっかり真下を蹴れるようになること。

正確に蹴れるようになれば、ボールに対しての蹴る場所も調節できるようになりますので、

是非挑戦して下さい。


サッカースクール・クラブを開設致しました。

年長〜小学6年生までの生徒を募集しております。

(他チーム在籍者もご参加頂けます。)

子供たちが初めてサッカーにふれあえる場所として、キッズ年代(年長)の月謝を無償化。

(年会費・保険別途有)

初心者はもちろんの事、伸び悩んでいる子供たちを1から育成致します。

小学生年代の弱点(悩み)として最も多い、基礎技術と土台の形成・体幹や体の使い方を重要視したトレーニングを心がけ弱点から強みに。

詳細は下記HPよりご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

https://www.ymv-sports-mgt.com/acprimonte

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生体験レッスン(天白区)〜体験レッスンのレビュー〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:2年間。 回数:体験レッスン 目的(悩み):基礎構築、一対一、ドリブル、ボールコントロール。 強豪チームに所属する小学3年生のお子様が体験レッスンにきてくれました。 基礎的な止める蹴る部分に関してある程度出来ていて素晴らしいと感じました。 しかしそこからどうしたらいいのか? という部分で迷いながらプレーしている部分がありました。 その為試合ではよく焦ってボールを前に

小学1年生個人レッスン(千種区)〜なんとなくではダメ、しっかり意識する〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:最近サッカーを始めた。 回数:4レッスン 目的(悩み):基礎構築、ボールの蹴り方、ドリブル、試合で役立つ事。 今回は久々のレッスンだった千種区の小学1年生の2回目のレッスンでした。 久しぶりでしたが、前回までに教えた事をしっかり覚えてくれていました! サイドキック・インステップキック・インフロントキックの確認から始め、 まっすぐ正確にパスを出す事を重点しレッスンいた

小学1年生個人レッスン(北区)〜年長から小学生になって〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:9レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年長時からレッスンを受講し、今年小学1年生になった北区の生徒様のレッスンでした。 年長から小学生になり、 個人的要素として身体的にも成長し、これからはキック力もどんどん強くなってきます。 その中で自分の思い通りの方向に正確に蹴る事を技術として身につけて置く事が重要にな