小学3年生個人レッスン(昭和区)〜課題(弱点)を意識した自主練習を〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:スクールで週2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、スクールで上のクラスに上がりたい。


半年ぶりのレッスンとなりました。

前回のレッスンでの課題となった、サイドキックやトラップの時につま先が下に落ちてしまい安定しなかった点とリフティングの安定感の部分で見違えるほど成長していました。

会わなかった期間で自主練習を頑張っていたのがとても感心しました。


今回のレッスンでは前回から引き続いて、リフティングの回数がまず課題でした。

安定はしたものの回数がなかなか伸びないという悩みでした。


結果的に今回のレッスンで10回程度から両足30回を記録しました。

問題だったのは、左足が苦手なで安定しない事。


まずは左足で一回蹴ってキャッチする事をまっすぐ蹴り上げることを意識して行いました。

その後右左一回づつ蹴ってキャッチ。

そして回数を重ねていきました。


安定してテンポ良く出来る時間を長く出来る集中力が一番の課題だと思いますが、

すぐに身につくものではないので日々積み重ねていきたいです。


その後の自主練習で50回近くまで記録できるようになったと報告があり嬉しく思います。


そしてもう一つの課題の動いているボーツに対してのシュート。

ロングキックのインステップでもすこし修正を行いましたが、

しっかり足の甲の面に当てれるようになる事。


そして一対一では素早く相手を剥がしシュートをする事。

その時でもボールへのミートをしっかり出来るように意識したいです。


また次回の成長が楽しみです。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com