小学3年生個人レッスン(昭和区)〜初回レッスンで生徒のどこを見ているか?〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:スクールで週2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、スクールで上のクラスに上がりたい。


今回は初めてレッスンに来てくれたお子様のどの部分を見ているのか?という点を紹介したいと思います。


レッスンでは最初に準備運動やストレッチをします。

(この時ももちろんしっかり目的とした箇所が伸ばせているかを見ながら修正も行います。)


次に緊張を解す事も兼ねて、必ずお子様と短いパス交換をします。

何気ないサイドキックのパスの交換ですが、この時間が一番大事だと思っています。


立ち方から、キックまで、サイドキックが正確に出来ているのか、トラップは理解して行えているのか。

このパス交換でその子の基礎の部分がどれだけ構築されているのかが分かります。


短いパスから徐々に距離をとっていって、インステップキックやインフロントキックのロングキックまで発展しますが、終始足元を見ています。

蹴り足の当てる場所、角度、軸足の位置など細かいとこまでしっかり見てその子にとってどうしたらもっと強く正確に蹴れるのか、もっと高く距離があるキックが出来るのか分析しています。


殆どの子はキックに修正点が見受けられるので改善をしていきます。

その時点で改善は出来ますが、今まで何年もその蹴り方で蹴っていますので、身につくまでは今後同じように修正を加え身につけていきます。


トラップが理解して行えているのかという点について、殆どの子はトラップに対してボールに足を当てるだけ、ただなんとなくやっている子が多いです。

どうしたらしっかり止まるのか、自分の思っているところに止める・動かすをしっかり理解して出来るようになれば、トラップが相手を抜く道具にもなります。


なので初回のレッスンで一番見ている所は、パスとトラップです。

そしてサッカーで一番と言っていいほど大切なのもパスとトラップです。


日頃から意識しながら練習に励んでほしいです。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com