小学3年生個人レッスン(天白区)〜どうしても強いボールが蹴れない・ボールが浮かない時の練習法〜

学年:小学3年生(9歳)

経験:スクールで週1回程度

回数:4レッスン

目的(悩み):スクールは仲良しサッカーでもう少し技術的に踏み込みたい、キックが弱く低くなってしまう。


サッカーを始めたての子や何年もサッカーはやってきたがボールが未だに強く蹴れない・高く浮かないという悩みがある子が多い気がします。


ボールを強く高く蹴るには、そのためのコツ(感触)をつかめるかがポイントです。


・足の固定

・蹴る場所

・タイミング

・上半身の使い方


色々すべきことはありますが、まず足のどこで蹴るのかを学びたいです。

そしてこの悩みを持つ大半の子はボールを置いて蹴る事が難しいので、

ボールを転がしたり、時にはバウンドさせたりしてそのボールを思いっきり蹴ることから始めましょう。


向かってきたボールを蹴ることはタイミングが難しいかもしれませんが、

しっかり足に当たる(ミートできる)とボールを置いて蹴る時より、

もちろん強く遠くに高く蹴ることができます。


この足にしっかりミートできる感触をまず掴むことがポイントです。


そこからいくつか修正すべきことはありますが、置いた状態でもその位置で蹴ることが出来れば同じように強いボールや高いボールを蹴ることが出来るようになります。


レッスンではその子のレベルに応じて、足の角度の修正だけを行うこともあれば、

このように感触を掴むことから始めることもあります。


早い子で数日で高いボールもけれるようになります。

なかなか強いボールや高いボールを蹴れないという悩みがある子は是非ご相談ください。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com