小学3年生個人レッスン(天白区)〜どうしても強いボールが蹴れない・ボールが浮かない時の練習法〜

学年:小学3年生(9歳)

経験:スクールで週1回程度

回数:4レッスン

目的(悩み):スクールは仲良しサッカーでもう少し技術的に踏み込みたい、キックが弱く低くなってしまう。


サッカーを始めたての子や何年もサッカーはやってきたがボールが未だに強く蹴れない・高く浮かないという悩みがある子が多い気がします。


ボールを強く高く蹴るには、そのためのコツ(感触)をつかめるかがポイントです。


・足の固定

・蹴る場所

・タイミング

・上半身の使い方


色々すべきことはありますが、まず足のどこで蹴るのかを学びたいです。

そしてこの悩みを持つ大半の子はボールを置いて蹴る事が難しいので、

ボールを転がしたり、時にはバウンドさせたりしてそのボールを思いっきり蹴ることから始めましょう。


向かってきたボールを蹴ることはタイミングが難しいかもしれませんが、

しっかり足に当たる(ミートできる)とボールを置いて蹴る時より、

もちろん強く遠くに高く蹴ることができます。


この足にしっかりミートできる感触をまず掴むことがポイントです。


そこからいくつか修正すべきことはありますが、置いた状態でもその位置で蹴ることが出来れば同じように強いボールや高いボールを蹴ることが出来るようになります。


レッスンではその子のレベルに応じて、足の角度の修正だけを行うこともあれば、

このように感触を掴むことから始めることもあります。


早い子で数日で高いボールもけれるようになります。

なかなか強いボールや高いボールを蹴れないという悩みがある子は是非ご相談ください。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com