小学3年生個人レッスン(三重県桑名市)〜リフティングのちょんちょん〜

学年:小学3年生(9歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):突破力向上、守備時に棒立ちになってしまう。


ちょんちょんリフティング(ちょんリフ)と呼ばれるものがあります。


リフティングと言えば、

インステップを使ってボールをリズム良く当て上に上げる感じですが、

このちょんちょんリフティングと言うのは、

足の指の部分(つま先部分)でボールを突くやり方です。


上手い人やプロがこのやり方をする事が多い為、

最近の子供達は最初からこのちょんちょんリフティングをしたがる傾向があります。


ちょんちょんリフティングは、

リフティングの技(またぐ・回転させるなど)をする為に使いやすく、

簡単に数を重ねる事が出来るという特徴があります。


初心者や小学生年代の初めの時期の子にとって、

リフティングはボールコントロールを身につける為に行って欲しいトレーニングです。

その為、

最初はインステップでしっかり当てるやり方をして欲しいです。


ちょんちょんリフティングが出来たからと言って試合ではあまり意味がありません。

インステップやインサイド、アウトサイド等でのリフティングがしっかり出来てから初めてちょんちょんリフティングにも挑戦して欲しいです。


ちょんちょんリフティングは、

サッカーの技術とは別物位の意識で良いのだと思います。

リフティングの技を楽しみたいとなった時に初めてちょんちょんリフティングが必要となります。


同じ小刻みに行うものでも両足のインステップであまり高く上がらないよう(膝くらいまで)にリズムよくリフティング出来るようになる事の方が重要な技術であると感じます。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学4年生個人レッスン(中区)〜頭で理解出来ると上達は早い〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 サイドバックでスタメンで出場。 しっかり守れた。 積極的に前に出れた。 攻守の切り替えも早く出来た。 一段階段を上ったように見受けられました。 嬉しいご報告を受けました。 その生徒様のレッスンで感じた事や指導面での考え方を記載致します。 今回の生徒様では、 インフロントキッ

小学1年生個人レッスン(名東区)〜1日でリフティング回数を伸ばす!〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 レッスン目的でもリフティングの回数を掲げられており、 レッスン内でも短時間ですが、少しづつリフティングの為になるボールタッチ向上のトレーニングも加えておりました。 しかしながら、リフティングに関してあまり成長が見受けられない事。 所属チーム内では

小学3・5年生兄弟レッスン〜8回目レッスンレビュー〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:8レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 県大会出場や試合での複数得点など生徒様の活躍や成長のお話を日々聞け嬉しく思います。 今回もみるみる成長を遂げている兄弟レッスンのお二人のレッスンでした。

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com