小学3年生個人レッスン(一宮市)〜GKの基本のキャッチング〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:最近スクールにて始めたばかり

回数:4レッスン

目的(悩み):初心者でいち早く周りに追いつきたい。


今回は一宮市の3年生の3回目のレッスンでした。

生徒様のチームではGKを皆で順番に行うようで、

GKの練習も指導してほしいと依頼を受けましたのでレッスンいたしました。


GKはサッカーの中では他のポジションと違い、

唯一スローイング以外で手の使えるポジションで

GK次第でチームの勝敗も左右されるほど重要なポジションです。


自分もGKは好きで、

遊びの時や練習の時に進んでやっていたからか、

小学生の時のPK戦になると、

持ち前の反射神経が買われFWながらPKのGKとして試合でも抜擢されていました。


GKのキャッチングの基本として、

上・真ん中・下と3つのゾーンで分けて考えます。


まず下のゾーンです。

これはゴロを両手で包み込むようにキャッチングします。

この時、右側のボールなら右足を立て左足は股の間を防ぐために膝を折りたたみます。

左側ならこの逆です。

これをスムーズに出来るように左右にステップしながら何度も練習したいです。


次に胸からももくらいまでの真ん中のゾーンです。

ドッチボールの時と同じように両手と腕で包み込むようにキャッチします。

しっかりボールの真正面に入る事がポイントです。


最後に頭から上の浮いたボールのゾーンでは、

両手を開いた状態で親指と人差指で三角形を作りボールをキャッチしていきます。

勢いのあるボールでも後ろにそらさないように、

この時もボールの真正面に入るようにします。


どのゾーンにランダムにボールが来ても適切なキャッチングがスムーズに出来るように何度も繰り返しトレーニングしていきました。


この他にも一対一の際は、

シューターとの距離を詰める事や、

シュートに対してジャンピングキャッチや弾く事など多くの技術が必要になるポジションです。


まずは基本のキャッチングをしっかりマスターしていきたいです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com