小学3年生個人レッスン(一宮市)〜GKの基本のキャッチング〜

学年:小学3年生(8歳)

経験:最近スクールにて始めたばかり

回数:4レッスン

目的(悩み):初心者でいち早く周りに追いつきたい。


今回は一宮市の3年生の3回目のレッスンでした。

生徒様のチームではGKを皆で順番に行うようで、

GKの練習も指導してほしいと依頼を受けましたのでレッスンいたしました。


GKはサッカーの中では他のポジションと違い、

唯一スローイング以外で手の使えるポジションで

GK次第でチームの勝敗も左右されるほど重要なポジションです。


自分もGKは好きで、

遊びの時や練習の時に進んでやっていたからか、

小学生の時のPK戦になると、

持ち前の反射神経が買われFWながらPKのGKとして試合でも抜擢されていました。


GKのキャッチングの基本として、

上・真ん中・下と3つのゾーンで分けて考えます。


まず下のゾーンです。

これはゴロを両手で包み込むようにキャッチングします。

この時、右側のボールなら右足を立て左足は股の間を防ぐために膝を折りたたみます。

左側ならこの逆です。

これをスムーズに出来るように左右にステップしながら何度も練習したいです。


次に胸からももくらいまでの真ん中のゾーンです。

ドッチボールの時と同じように両手と腕で包み込むようにキャッチします。

しっかりボールの真正面に入る事がポイントです。


最後に頭から上の浮いたボールのゾーンでは、

両手を開いた状態で親指と人差指で三角形を作りボールをキャッチしていきます。

勢いのあるボールでも後ろにそらさないように、

この時もボールの真正面に入るようにします。


どのゾーンにランダムにボールが来ても適切なキャッチングがスムーズに出来るように何度も繰り返しトレーニングしていきました。


この他にも一対一の際は、

シューターとの距離を詰める事や、

シュートに対してジャンピングキャッチや弾く事など多くの技術が必要になるポジションです。


まずは基本のキャッチングをしっかりマスターしていきたいです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com