小学3・5年生兄弟レッスン〜2vs1数的不利時の守備の対応〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:個人レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


学年:小学3年生(8歳)

経験:少年団で週何度か

回数:体験レッスン

目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。


サッカーにおいては、

数的不利の状況(例えば2vs1)で守備をしなくてはいけない場面が訪れることは珍しく有りません。


2vs1での数的不利な状況での守備では3つのポイントがあります。

①遅らせる。

②縦のスペースを消す。(前進させない。)

③パスコースを切りながら詰めて1vs1の状況に持ち込む。


まず①の遅らせるですが、単に後ろに下がるだけでは意味がありません。

ボールホルダーが前に仕掛けてきた時に、付いて行けるポジション、なおかつパスカットも狙える、もう一方の敵にパスが渡ったら同じようなポジションに素早く移動し攻撃の機会を与えないように下がっていきます。チャンスが有ればボール奪える事は必ず頭に入れておきたいです。

②では主に相手同士の距離が近い時に使えますが、とにかく前進させない。

パスを出されても縦へのスペースはきっちり埋め、前にボールを運ばせないようにします。

③では相手同士のパスコースをなくし、1vs1に持ち込んでいく守備方法です。

すぐに奪えればチャンスですが、時間がかかるともう一方の的にスペースを使われ2vs1の状況に戻ってしまいます。


3つ紹介いたしましたが、

数的不利での守備は、言葉通り数的不利で難しい守備になりますが、コツを掴めば対応可能とも言えます。そして奪えれば逆にチームにとってチャンスも訪れます。

相手の攻め方やチームの状況で、どう奪っていくか臨機応変に使っていければと思います。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com