小学3・5年生兄弟レッスン〜2vs1数的不利時の守備の対応〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:個人レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


学年:小学3年生(8歳)

経験:少年団で週何度か

回数:体験レッスン

目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。


サッカーにおいては、

数的不利の状況(例えば2vs1)で守備をしなくてはいけない場面が訪れることは珍しく有りません。


2vs1での数的不利な状況での守備では3つのポイントがあります。

①遅らせる。

②縦のスペースを消す。(前進させない。)

③パスコースを切りながら詰めて1vs1の状況に持ち込む。


まず①の遅らせるですが、単に後ろに下がるだけでは意味がありません。

ボールホルダーが前に仕掛けてきた時に、付いて行けるポジション、なおかつパスカットも狙える、もう一方の敵にパスが渡ったら同じようなポジションに素早く移動し攻撃の機会を与えないように下がっていきます。チャンスが有ればボール奪える事は必ず頭に入れておきたいです。

②では主に相手同士の距離が近い時に使えますが、とにかく前進させない。

パスを出されても縦へのスペースはきっちり埋め、前にボールを運ばせないようにします。

③では相手同士のパスコースをなくし、1vs1に持ち込んでいく守備方法です。

すぐに奪えればチャンスですが、時間がかかるともう一方の的にスペースを使われ2vs1の状況に戻ってしまいます。


3つ紹介いたしましたが、

数的不利での守備は、言葉通り数的不利で難しい守備になりますが、コツを掴めば対応可能とも言えます。そして奪えれば逆にチームにとってチャンスも訪れます。

相手の攻め方やチームの状況で、どう奪っていくか臨機応変に使っていければと思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com