小学3・5年生兄弟レッスン〜速い仕掛けと相手が反応する前に撃つシュート〜

最終更新: 2020年11月21日

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:8レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


学年:小学3年生(8歳)

経験:少年団で週何度か

回数:8レッスン

目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。


今回で2度目の兄弟レッスンでした。

いつものマンツーマンと違い、

パスの確認のトレーニングから三角形を組みパスを回せる事により、

トラップ際のボール置所をより試合をイメージした場所(次に向かいたい場所)へと運ぶ事が必要になってきます。


そして利き足で次のパスを出すには次のボールの位置をどうしたら良いのか?

最初は小学生低学年の弟君は難しいようでしたが、

自分で考える事とコーチのアドバイスにより、

徐々にしっかりトラップのボールの置所をマスターしていきました。


一対一では兄弟共通して、ゴールに向かうスピードが遅く感じました。

なかなか抜くタイミングが図れず、横に移動したり後ろに戻ったり。


試合中では他のDFも集まってきます。

一対一ではいかにスピーディーに相手を抜きフィニッシュできるかが目標になってきます。


そのためには、

斜めへの仕掛けで完全に抜ききるか。

横への移動でワンテンポ早いシュートで相手の反応出来ないシュートを撃つのがポイントになってきます。


今回はシュートで表現しましたが、ワンテンポ速くする事はパスを出す時も必要な技術になってきます。

相手のタイミングをズラすシュートやパスが出る選手は、相手の足にボールがかからずプレーできています。


ドリブルやトラップのボールタッチから、シュートやパスのキックまでの間隔をいつもより速くする事を意識して練習する事が上達する一歩です。

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生個人レッスン(天白区)〜ボール奪取率を上げる〜

経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:16レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 天白区の小学6年生の生徒様のレッスンでした。 今回は正確なパスとトラップ(動きながらでも自由自在に)、 体幹と走力(速さも含め)アップを重点に行いました。 サッカーではいかに相手のボールを早い段階で奪えるかによって、 リスクを減らし逆に攻撃に転じる事が出来ます

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングは少ない回数でも日々継続する事〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:23レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 リフティングに関して全く出来ない時期の練習方法として、 目先の回数を追って何時間・何回クリアするまで等やり続けるのではなく、 日々1回でもしっかりインステップに当ててまっすぐ上に上げてキャッチする事を継続する事が大切であると思います。 リフテ

小学4・6年生兄弟レッスン〜一対一の重要なポイント〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:11レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 試合で使える為の一対一は時間をかけずに素早く抜き去る事が重要なポイントになってきます。(逆に守備時の一対一は相手に時間をかけさ