小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:9レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


学年:小学3年生(8歳)

経験:少年団で週何度か

回数:10レッスン

目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。


兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、

練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。


しかし今回のレッスン生のように身体的に離れていたり、

初心者や経験者といったあまりにも技術レベルで大差ある場合、

グループレッスン内でも所々でマンツーマンと同じような形を取らざる負えない場合もあります。


それでも2人より3人の方が多くの種類の練習が出来ることに変わりはありません。

特に2人では生み出せなかった次の動き(パスのあとの動きや意識)のトレーニングが充実致します。


マンツーマンレッスンではその子に応じた弱点や伸ばしたい場所にピンポイントで対応できる一方、

サッカーの流れの中で対応できるようにする為には日々の練習で自分自身で確認して頂く必要があります。


その作業をグループレッスンでは、

次の動きの確認をトレーニングで実行できる事で、少しでも多人数に慣らす事が出来ます。

そうしてスムーズにサッカーの流れの中でも、

今まで弱点だった部分の技術を上手く適応出来るようにします。


各々でメリットやデメリットがありますが、

少しでも生徒が成長できるように工夫してレッスン内容を考えていきたいです。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com