小学3・5年生兄弟レッスン〜シュートをふかさない為に〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:少年団で週何度か

回数:8レッスン

目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。


学年:小学3年生(8歳)

経験:少年団で週何度か

回数:8レッスン

目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。


プロの試合でも度々あるシュートをふかしてしまう(浮いてゴールを超えてしまう)シーンをよく見かけます。


今回の生徒もシュートが浮いてしまうと悩みがありました。

普段は置いたボールをそんなに高く蹴れなくても、

試合中では強く打とうという気持ちや力み、

ボールがバウンドしている事を把握できず下から蹴り上げてしまい浮いてしまったり理由は様々あります。


横からのボールやバウンドしたボールでふかしてしまう事が多いですが、

シュートをふかさない為にはボールの真横をミートする事が大切です。

または上から叩きつけるように打ったり、

ボールの下をこするように蹴ることもありますが難しい技術になります。


試合や普段の練習の時から、

しっかりミートする事は重視しますが力まずリラックスして自分の力の60%〜80%の力でしっかりコースを狙えるようにシュートが出来ると良いです。


力いっぱい蹴っても漫画みたいに相手GKの手を弾き飛ばす事は出来ませんし、ゴールの上を超えたり、狙った所に飛ばなかったりします。


しっかりコースに鋭いシュートが打てればゴールに繋がりますし、ミートが出来ればしっかり抑えの効いてシュートが打てます。


ミートが上手く出来ればそこまで力を使わなくても強いシュートが打てるので、

ボールの土の部分を打てばどの角度に飛ぶのか?

その部分をしっかり理解する所から初め、

狙い通りに飛ばせるような練習をしたいです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com