小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜小学校低学年への指導の心得〜

最終更新: 2020年8月6日

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:7レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


9歳〜12歳までの期間は、ゴールデンエイジと呼ばれサッカーに限らず様々な動作の習得に最適とされる期間です。

簡単に言えば様々な技術が一番伸びやすい(習得しやすい)期間です。


そして小学校低学年はそのゴールデンエイジに向けての準備期間でもあり、

どのような事を意識して指導したらいいのでしょうか?


私の考えは、サッカーの技術を幼い頃から習得しておく事はとても重要な事です。

その基礎を徹底的に教え込み厳しく指導するも一つの方法ですが、

まず第一にサッカーを楽しいと認識してもらう事が大切だと思っております。


楽しいと認識し、自分の意志で取り組めるようになってくれる事が一番の理想です。


指導者や親にやらされてサッカーをしている子と自らの意思でサッカーがしたくてたまらない・家にいるときもボールで遊んでいる子とでは成長のスピードが驚くほど変わってきます。


このような考えから、幼児〜小学生までの生徒に対してはいかに楽しく指導できるか。

技術習得が難しいと考えればいろいろな角度からアプローチする。

指導者(親)と競い合ったり、難しい技術も楽しく習得する事を目標にしています。


生徒の親御様から、最近サッカーが楽しいみたいで家でも自ら練習するようになった。

その言葉を聞ければとても嬉しいです。


是非おうちでの自主練習の際は、厳しく監視し〇〇出来る(例えばリフティング50回出来るまで帰らないなど)まで終わらない(〇〇を禁止する)というような練習よりも、親子で楽しく競い合ったりしながら楽しみながら練習していただけたらと思っています。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com