小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜小学校低学年への指導の心得〜

更新日:2020年8月6日

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:7レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


9歳〜12歳までの期間は、ゴールデンエイジと呼ばれサッカーに限らず様々な動作の習得に最適とされる期間です。

簡単に言えば様々な技術が一番伸びやすい(習得しやすい)期間です。


そして小学校低学年はそのゴールデンエイジに向けての準備期間でもあり、

どのような事を意識して指導したらいいのでしょうか?


私の考えは、サッカーの技術を幼い頃から習得しておく事はとても重要な事です。

その基礎を徹底的に教え込み厳しく指導するも一つの方法ですが、

まず第一にサッカーを楽しいと認識してもらう事が大切だと思っております。


楽しいと認識し、自分の意志で取り組めるようになってくれる事が一番の理想です。


指導者や親にやらされてサッカーをしている子と自らの意思でサッカーがしたくてたまらない・家にいるときもボールで遊んでいる子とでは成長のスピードが驚くほど変わってきます。


このような考えから、幼児〜小学生までの生徒に対してはいかに楽しく指導できるか。

技術習得が難しいと考えればいろいろな角度からアプローチする。

指導者(親)と競い合ったり、難しい技術も楽しく習得する事を目標にしています。


生徒の親御様から、最近サッカーが楽しいみたいで家でも自ら練習するようになった。

その言葉を聞ければとても嬉しいです。


是非おうちでの自主練習の際は、厳しく監視し〇〇出来る(例えばリフティング50回出来るまで帰らないなど)まで終わらない(〇〇を禁止する)というような練習よりも、親子で楽しく競い合ったりしながら楽しみながら練習していただけたらと思っています。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力