小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜小さいご兄弟の対応〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:16レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


瑞穂区の小学2年生のレッスンでした。

この生徒様には年少のご兄弟様がいらっしゃいます。


たまにレッスンの日に一緒に来てくれます。

(親御様の関係上、連れてこなくてはいけない場合もあります。)


グループレッスンでは、年中以上を目安に対象としています。

なかなか小さい子供達は練習に集中できなかったりしますので、

小さい兄弟様でサッカーを習わせたいと考えている場合はお構いなくお連れください。


その際ボールも一緒に持ってきて頂き、

気が向いた時に参加してくれても大丈夫です!

その場合は無償でレッスンに参加して頂けます。


徐々に慣らしていき、

年中になった頃の集中が持続するようになり、

レッスンを受けたいということであれば、

グループレッスンとして対応致します。


またお兄様やお姉さまでも、

いつもは一緒にサッカーして遊んでいるとなれば、

ボールを持って一緒に来ていただき、

まわりで真似してくれたりしても大丈夫です。


軽く指導したりアドバイスをしたりしています。


多くの子達がサッカーに興味を持ってくれることがこちらとしても嬉しいです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com