小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜基礎の構築(止める・蹴る)から次の段階(試合で使える技術)へ〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:6レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


小学2年生の生徒のレッスンでした。 親子レッスン1回・個人レッスン4回を終え、前回までは基礎である止める蹴る事、3種類のロングキックの使い分け、一対一の対応を重点に行ってきました。

今回からのセットではこれまでの基礎の確認や修正に加え、試合で使える技術の応用を目的にレッスンを開始しました。

まず小学生2年生という事で、この年代では殆どの子が周りを見る技術がしっかり身についていません。

基礎の練習のときから首振りの習慣付け、そして何を見たら良いのかを考え、頭に入れておくことで普段からの練習でもしっかり周りを見る癖をつけてほしいです。


止まったボールに対しては強く蹴ることが出来るようになったので、今回のレッスンでは前方や横、後方からの角度がついた動いている(転がったリバウンドしている)ボールにもしっかりミートできるよう、様々な角度からのシュートレッスンをしました。


ここでのポイントは左右どちらから来た場合でも、自分の蹴りやすい足(この年代・初期段階能力では利き足中心にトレーニングします)で蹴る為に、助走の入り方や体の開き方を身につけること。

浮いているボールに対しても、しっかり蹴り足をミートできるよう足の高さをコントロールできるようにする事を重点に行いました。


浮いているボールや転がっているボールに対して、しっかりインステップでミートできるととても気持ちよく、強いボールが蹴れて生徒の自信にも繋がります。

ボールをしっかり蹴れた時の嬉しそうな顔を見れてこちらも笑みがこぼれました。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com