小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングへの苦手意識〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:17レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


最近のレッスンの要望では、

リフティングの回数を伸ばしてほしいという事がすごく多く感じます。


リフティングは、

なかなか子供達自身で率先して練習する事があまり無いと思います。


なぜなら、

苦手な子にとって、回数がなかなかこなせずつまらない。

同じことの繰り返しでつまらない。

サッカーの試合で使う事がなく意味がないと感じてしまう。

といった事が挙げられます。


私自身も少年時代はリフティングが好きではなく、

なかなか前向きに練習はしていませんでした。

それでも周りの友達が100回達成したと言う事を聞いて、負けず嫌いな私は100回程度は出来るように一人で練習していました。


レッスンの際でも、

リフティング自体の練習はやる気が沸かないといった子がすごく多いです。


しかしそれがリフティングテニスの対決となったらどうでしょう?

また友達や兄弟、親との回数対決となると目が輝きだします。


少しの工夫で率先して練習しだしたりします。


もし親御様がサッカー初心者の場合、

同じようにリフティングの練習を子供と行い、

回数を競ったりしてみるのも良い練習方法だと思います。


是非自主練習をお子様と一緒にしてあげる事をおすすめします。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ