小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜プレッシャーを受けた時にうまく対応できない〜

最終更新: 5月31日

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


サッカー初心者や小学生年代によく見られるのが、ボール保持時にプレッシャーを受けた際にうまく対応できない(あわててしまう、ただ蹴ってしまう)点です。


今回のレッスン生もその悩みを持っております。


改善ポイントとしては、 よく周りを見ておく事。 (相手が来ていることを事前に知っておく事、そして次に何をするか頭で考えられるようにする。)

自分の思ったとおりにボールコントロールを出来るようにする事。

(ボールをしっかり止めれる事・思った所に動かせる事によってミスを減らし、それによって自身が慌てないようにする。)


他にもキープ・ドリブル・パスのどれかを選ぶ事により様々なポイントがありますが、全てで必要になる周りを見る事とボールコントロールを正確にする事を日頃から意識してほしいです。


レッスンでも首振りの癖をつけれるように何度も声掛けをする事もあります。

首振りを出来るようになれば次は見る場所です。

ボール・相手・ゴール・スペース・味方、状況によって優先順位も違います。

まずはどんな状況でも周りが見れる選手に育てていきたいです。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com