小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜プレッシャーを受けた時にうまく対応できない〜

最終更新: 2020年5月31日

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


サッカー初心者や小学生年代によく見られるのが、ボール保持時にプレッシャーを受けた際にうまく対応できない(あわててしまう、ただ蹴ってしまう)点です。


今回のレッスン生もその悩みを持っております。


改善ポイントとしては、 よく周りを見ておく事。 (相手が来ていることを事前に知っておく事、そして次に何をするか頭で考えられるようにする。)

自分の思ったとおりにボールコントロールを出来るようにする事。

(ボールをしっかり止めれる事・思った所に動かせる事によってミスを減らし、それによって自身が慌てないようにする。)


他にもキープ・ドリブル・パスのどれかを選ぶ事により様々なポイントがありますが、全てで必要になる周りを見る事とボールコントロールを正確にする事を日頃から意識してほしいです。


レッスンでも首振りの癖をつけれるように何度も声掛けをする事もあります。

首振りを出来るようになれば次は見る場所です。

ボール・相手・ゴール・スペース・味方、状況によって優先順位も違います。

まずはどんな状況でも周りが見れる選手に育てていきたいです。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ