小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:19レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。

また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。

そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うようにボールをコントロールできない子が多い印象があります。


試合で活躍できるからといって基礎的な部分を疎かにしてしまうと、

成長していくにつれ埋められていく身体的な有利な部分がなくなると基礎をしっかりしている子に一気に追い抜かれてしまいます。


ドリブルやボールタッチに関しては、練習すればすぐに身につくものではありません。

日々の積み重ねが大事な部分になります。


現在、ドリブルで思い通りにボールを扱えない子(例えば、ドリブル時にボールの強弱をコントロールできずタッチラインを割ってしまったり相手にぶつかってしまう子)や、

トラップやパスのボールタッチの部分でしっかり足元にトラップ出来なかったりパスがまっすぐ出せない子(シュートも同じように思ったところに蹴れない子)は、

日々の練習でドリブルやボールタッチの練習を少しでも行う時間を確保する事とその部分をしっかり意識して練習を行いたいです。


日々の練習に追加したい練習方法は、

ドリブルは、コーン(目印になるものであれば何でも良い)を2つ並べ八の字のドリブルを行う。

ボールタッチ(パスを真っ直ぐ出す事から)は、対面でのパスでしっかり相手にパスをサイドキックで渡す事を日々継続して行いたいです。


八の字のドリブルでは、

両足→右足だけ→左足だけと使える足を限定して行い、インサイドだけでのドリブルにならないように、アウトサイドも両足使えるように意識したいです。

各項目3〜5周を目処におこない、慣れてきたらどんどんスピードを上げていきます。(スピードを上げてもタッチが大きくならないような速さで)


対面パスでは、

まっすぐパスを出せないのであればコーン(荷物など何でも良い)2つで2人の間にゲートを作りそこを通して相手に渡す事から始めたいです。

慣れてこればパススピードやトラップからのパスを速くしていき、ダイレクトのパスでもしっかり相手に渡せるようにしていきたいです。


このような基礎的でかんたんな練習ですが、

毎日の積み重ねでドリブルとボールタッチの部分の技術は向上していきます。


是非日々の練習に付け加えていきたいです。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生グループレッスン(港区)〜体幹と基礎技術〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:9レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:9レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回は小学5年生のグループレッスンでした。 Aチーム昇格を目標に日々トレーニングしています。 今回は終始体幹トレーニングを交えながら、基礎的なことを中心に進め最後は一対一をトレ

小学4年生個人レッスン(高浜市)〜最後のパスやシュートの前に目的地を意識する〜

学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:19レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 高浜市の小学4年生のレッスンでした。 今回はトラップしてからの次の動作をスムーズに行う事を重点してトレーニングしていきました。 ①トラップ→少し横にずらして→パス ②トラップ→ドリブル移動→パス 普段から最後のパスが無意識にズレることが多く見受けられ、 パスを出す前に

小学1年生体験レッスン(緑区)〜リフティングと一対一の問題点〜

学年:小学1年生(6歳) 経験:週一回 回数:体験レッスン 目的(悩み):リフティング、一対一、試合中の動き方。 緑区の小学1年生の体験レッスンでした。 まずはキックの確認から、 サイドキックは両足ともに上手く蹴れていました。 そこでボールのどの部分にあてればピタッと止まるのか、前に押し出せるのかという部分をレッスンしました。 その後インステップキックとインフロントキックを指導しました。 三種類の