小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:19レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。

また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。

そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うようにボールをコントロールできない子が多い印象があります。


試合で活躍できるからといって基礎的な部分を疎かにしてしまうと、

成長していくにつれ埋められていく身体的な有利な部分がなくなると基礎をしっかりしている子に一気に追い抜かれてしまいます。


ドリブルやボールタッチに関しては、練習すればすぐに身につくものではありません。

日々の積み重ねが大事な部分になります。


現在、ドリブルで思い通りにボールを扱えない子(例えば、ドリブル時にボールの強弱をコントロールできずタッチラインを割ってしまったり相手にぶつかってしまう子)や、

トラップやパスのボールタッチの部分でしっかり足元にトラップ出来なかったりパスがまっすぐ出せない子(シュートも同じように思ったところに蹴れない子)は、

日々の練習でドリブルやボールタッチの練習を少しでも行う時間を確保する事とその部分をしっかり意識して練習を行いたいです。


日々の練習に追加したい練習方法は、

ドリブルは、コーン(目印になるものであれば何でも良い)を2つ並べ八の字のドリブルを行う。

ボールタッチ(パスを真っ直ぐ出す事から)は、対面でのパスでしっかり相手にパスをサイドキックで渡す事を日々継続して行いたいです。


八の字のドリブルでは、

両足→右足だけ→左足だけと使える足を限定して行い、インサイドだけでのドリブルにならないように、アウトサイドも両足使えるように意識したいです。

各項目3〜5周を目処におこない、慣れてきたらどんどんスピードを上げていきます。(スピードを上げてもタッチが大きくならないような速さで)


対面パスでは、

まっすぐパスを出せないのであればコーン(荷物など何でも良い)2つで2人の間にゲートを作りそこを通して相手に渡す事から始めたいです。

慣れてこればパススピードやトラップからのパスを速くしていき、ダイレクトのパスでもしっかり相手に渡せるようにしていきたいです。


このような基礎的でかんたんな練習ですが、

毎日の積み重ねでドリブルとボールタッチの部分の技術は向上していきます。


是非日々の練習に付け加えていきたいです。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com