小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜インサイドキックをしっかり蹴ろう〜

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


サッカーの基礎とも言えるインサイドキック。

簡単と思われがちですが、実際上手く蹴れていない子も沢山います。


しっかり蹴れていないとまっすぐパスが出せなかったり斜めに回転がかかったり。

試合中最も多く使われるキックで、しっかり蹴れていないと大変まずいと言えるキックでもあります。


まず多いのがボールに斜めの回転がかかってしまっている、まっすぐ蹴れていない。


インサイドキックのポイントを整理したいと思います。

ボールの中心をしっかり蹴ることが大事です。

足の内側の広い面でボールを蹴るため、

難易度は低いがボールの上下を蹴ると浮き球になってしまい、

パスを受ける選手は処理に困ります。

また左右にずれては、そもそも方向が定まりません。


そしてボールに当たる瞬間は、

足首を90度に曲げて固定するのが重要です。

この足が斜めになってしまうとボールに無駄な回転がかかってしまいます。

そして方向もずれてしまいます。


他に回転をかけるようなカーブするパスなどもありますが、

まずは基本のインサイドキックをしっかりマスターしないといけません。


最後に軸足をボールの横に置いて踏み込み、

つま先をしっかりパスを出したい方向に向けましょう。


軸足が内股になってしまったり、外側に向いたりしてはいけません。

できるだけまっすぐパスを出したい方向に向けるようにしたいです。


より強いサイドキックを蹴る時は、

太ももから大きく振りかぶると言うよりも、

膝片下を速く強く動かしてインパクトをボールの真ん中にしっかりとすることを意識しましょう。


速くて強いインサイドのパスでも浮かさずにきれいに真っ直ぐと味方に出せるようになれば良いプレーヤーと言えるでしょう。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com