小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜より得点する為のシュートで意識すること〜

更新日:2020年9月1日

学年:小学2年生(7歳)

経験:サッカークラブで週1〜2回

回数:9レッスン

目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。


試合で得点を取る機会が増えてきた瑞穂区の生徒のレッスンでした。

ボールへの嗅覚が鋭く、相手の裏に抜け出し、走り勝って特典するシーンが多く見受けられました。


低学年ではGKの実力も乏しく、

ゴールの枠にさえシュートが飛べば得点が出来るといったイメージがあります。

GKやDFのレベルが上ってきたり、

高学年になるとシュートが決まらくなったという子を多く見てきました。


そうした壁に当たらないようにする為にもこの時期からシュートをGKの止めにくいコースに打つことは大切となってきます。


今回のレッスンでは、まず強いシュートでも狙った方向に打つトレーニング。

GKの意表を突くシュート、止めづらいコースはどこなのかを考え狙うシュートをレッスンいたしました。


負けている時でも、拮抗した試合の数少ないチャンスでも、どんなGKでもシュートを決めれるストライカーになれるようシュートもただ蹴るのではなくコースやタイミングを意識してトレーニングしていきたいです。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力