小学1年生個人レッスン(瑞穂区)〜怖がらずボールを奪う〜

更新日:2020年3月29日

学年:小学1年生(7歳)

経験:スクールで2〜3回(1年間)

回数:5レッスン

目的(悩み):基礎の確立、ドリブルの正確性、守備の意識。


親子レッスンに引き続き個人レッスン1回目を行いました。

基礎と蹴り方の修正から初め、ドリブルの正確性の向上を重点に行いました。

また素早いターンからドリブル、そしてターンと無駄のないターンを出来るようトレーニングしました。


一対一のトレーニングでは、低学年では珍しく守備が楽しいと感じてくれた子で楽しそうにボールを持つ相手を追いかけていました。

守備の時に怖がらず相手に向かっていきボールを奪う事はとても大切なことです。

怖がらないようにするために鬼ごっこのようなボールを取り返すゲームで遊んでみたり、自分のボールにしてドリブルすることの楽しさ、シュートまで持っていくことの嬉しさを感じさせることでボールを奪ってやるという向上心を抱かせることが大切だと思います。


ボールを取られたら取り返す。


この意識を小さいうちから身につけておきたいです。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力