小学1年生個人レッスン(名東区)〜2回目のレッスンで見違えるほどの成長〜

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカークラブで週5〜6回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。


名東区にて日々サッカーを頑張る小学1年生の2度目のレッスンでした。


まず基礎の確認と前回おこなったボールタッチのトレーニングの復習。

そしてシュートを重点しレッスンいたしました。


2回目にして早くもキックの精度が上がってきました。

特にインステップキックとインフロントキックが上手くなりました。

インステップでは強く低い弾道で思った所に蹴れる事。

インフロントキックでは膝くらいまでしか蹴れなかった所、なんと背の丈を超え大人の肩くらいまでの高さのあるキックが出来るようになりました。

毎回蹴れるよう徐々に安定させていきたいです。


パスでメインとなるサイドキックでは、一回一回のパスの前にボールの置所を丁寧に探して蹴っていました。

トラップ一回のみで自分の置きたい所(次にすぐパスが蹴れる場所)に置けるように指導しました。


ボールタッチの練習では、浮いたボールに対し落とさずツータッチでボールを返す項目を増やしました。

最初は難しくなかなか出来ませんでしたが、何回か挑戦する中で出来るようになりました。


前回の一対一の斜めの動きと間合いも覚えていてくれたので、

それに加えてのダブルタッチでのフェイントを覚える事、守備時の半身の姿勢など追加しレッスンしました。


シュートの練習では、強く撃つ事よりもGKのいない所へコースに流し込むことを意識して行えるよう意識づけしました。

強くウトウト意識することでゴールの枠をはずしてしまったり、GKにボールが向かってしまったりしていました。

コースに流し込む意識付けをすることで、サイドネットの方向にしっかりとシュートが出来るようになりました。


次回も楽しみにしています。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com