小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカークラブで週5〜6回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。


一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。

特に前線でパスをもらう時です。


サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。

それでは相手のDFに向かいたい方向を防がれてしまい、前を向いた時にはDFとボールを挟みあってしまっています。


パスを受ける前に半身の体勢になってしまっていたら、最初のトラップで斜め前に運ぶ事が出来ます。


経験者や大人からしたら、なんだそんな事と感じるかもしれませんが、子どもたちにとってはどの概念がまず存在しません。

その場に止めてから振り向いて前に運ぶが常識になっています。


パスをもらう時の体勢から半身にしてそのまま前に運ぶ。

それだけで簡単にゴールまで運べてしまいます。


シュート練習の前にシュートまで運べていない子どもたちも多いのでまずはパスのもらい方・ボールの受け方から始めてみるのもいいかもしれません。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:12レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 年長時から一緒にトレーニングしていますが、ドリブルがとても上手でボールを扱うのが得意です。 まずは基礎の確認やリフティングからはじめ、 一対一とリフティングテニス、 体力面へのアプローチのためのダッシュを行いました。 リフティング

学年:小学4年生(8歳) 経験:4年間・週1回程度 回数:2/8レッスン 目的(悩み):基礎の技術、リフティング、試合で活躍したい。 千種区の小学4年生の個人レッスンでした。 2回目という事で、 前回同様苦手な部分の基礎の確認とキックの確認修正から始め、 片足リフティング、左右のリフティング、 アウトサイドのドリブル、 シュート、 リフティングテニス、 一対一、 ステップをしながら基礎の練習を行い

学年:年中(4歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:6レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ドリブル。 学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:31レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 瑞穂区の兄弟レッスンでした。 前回に引き続き基礎の部分を重視しトレーニングを行いました。 その中で特にドリブルのキープ力