小学1年生個人レッスン(名東区)〜小学生年代が最も苦手なインフロントキック〜

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカークラブで週5〜6回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。


小学生年代の子供達を指導していて感じる事は、

全員と言っていいほどインフロントキックが正確に蹴る事が出来ません。


足のどこで蹴っていいのかが曖昧になってしまっていたり、

そもそもどこで蹴っていいのか分からなかったりと、

サッカークラブやスクールに通っている子でもしっかり指導がされていません。


その中でも大抵の子がボールを蹴る時に、

足(膝も同時に)横に向いてしまい、

サイドキックの時と同じような感じになり、少し親指に寄った所で蹴っています。


それでは中々ボールを高く蹴る事が出来ません。


インステップキックでも足の甲と膝が横になってしまう症状が多いので、

指導の際はまずインステップキックを正しく教え(足の甲と膝を正面に向ける)、

そこから、かかとを下に下ろすような感覚で下げ、

少し斜め(少しだけ横向き)に入るようにしてボールの真下を親指付近で狙おうと指導します。


インステップキックではボールのど真ん中を足の甲で狙って蹴りますが、

インフロントキックでは真下を狙って蹴ります。


少しの指導で30センチ程度しか上がらなかったキックが1メートル以上飛んだりします。


ボールの蹴る位置、足の当てる場所だけで簡単に変化します。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜リフティングの回数指導を通して〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:22レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 マンツーマンレッスンを指導している中で多くの子供たちがリフティングの回数について悩みや目標を多く持っています。 その中でもリフティングに挑戦したばかりの子を指導する際、指導する側も多くの壁にぶつかります。 技術の部分での壁はアドバイスや反復練

小学5年生体験レッスン(豊田市)〜フットサルで重要なスペースの作り方〜

学年:小学5年生(7歳) 経験:フットサルチームで3年間 回数:体験 目的(悩み):1対1、キープ力、トラップ、ダイレクトパス、シュート フットサルチームに通っている小学5年生の体験レッスンでした。 短いパスの出し入れの部分で正確にトラップやパスを出す事、 体幹の強化を含め初速を素早く動けるよう重点してトレーニングしていきました。 一対一では間合いの確認と抜く角度を確認していきました。 フットサル

小学3年生個人レッスン(瑞穂区)〜マンツーマンレッスンとスクールの指導内容の違い〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:サッカークラブで週2〜3回 回数:21レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング、ロングキック、ボールを持った後の対応。 先日発表した通り、ACプリモンテというサッカースクールをスタートします。 多くのマンツーマンレッスンを指導し、 チーム練習では補いきれない技術的な箇所の指摘やマンツーマンレッスンのメリット・デメリットなど紹介してきました。 今回は当マンツーマ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com