小学1年生個人レッスン(名東区)〜小学生年代が最も苦手なインフロントキック〜

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカークラブで週5〜6回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。


小学生年代の子供達を指導していて感じる事は、

全員と言っていいほどインフロントキックが正確に蹴る事が出来ません。


足のどこで蹴っていいのかが曖昧になってしまっていたり、

そもそもどこで蹴っていいのか分からなかったりと、

サッカークラブやスクールに通っている子でもしっかり指導がされていません。


その中でも大抵の子がボールを蹴る時に、

足(膝も同時に)横に向いてしまい、

サイドキックの時と同じような感じになり、少し親指に寄った所で蹴っています。


それでは中々ボールを高く蹴る事が出来ません。


インステップキックでも足の甲と膝が横になってしまう症状が多いので、

指導の際はまずインステップキックを正しく教え(足の甲と膝を正面に向ける)、

そこから、かかとを下に下ろすような感覚で下げ、

少し斜め(少しだけ横向き)に入るようにしてボールの真下を親指付近で狙おうと指導します。


インステップキックではボールのど真ん中を足の甲で狙って蹴りますが、

インフロントキックでは真下を狙って蹴ります。


少しの指導で30センチ程度しか上がらなかったキックが1メートル以上飛んだりします。


ボールの蹴る位置、足の当てる場所だけで簡単に変化します。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学2年生個人レッスン(瑞穂区)〜ドリブルやボールタッチが苦手な子がすべき事〜

学年:小学2年生(7歳) 経験:サッカークラブで週1〜2回 回数:19レッスン 目的(悩み):基礎構築、ロングキック、ボールを持った後の対応。 小学生低学年やサッカーを始めたばかりの子でボールを蹴る事が得意な子は多いです。 また身体能力がもともと高く、早く走れたり体が大きい場合に試合で活躍できる子も多いです。 そういった子でもいざ練習で基礎的な練習(ドリブルやボールタッチ)を行うと自分の思うように

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com