小学1年生個人レッスン(名東区)〜小学生年代が最も苦手なインフロントキック〜

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカークラブで週5〜6回

回数:12レッスン

目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。


小学生年代の子供達を指導していて感じる事は、

全員と言っていいほどインフロントキックが正確に蹴る事が出来ません。


足のどこで蹴っていいのかが曖昧になってしまっていたり、

そもそもどこで蹴っていいのか分からなかったりと、

サッカークラブやスクールに通っている子でもしっかり指導がされていません。


その中でも大抵の子がボールを蹴る時に、

足(膝も同時に)横に向いてしまい、

サイドキックの時と同じような感じになり、少し親指に寄った所で蹴っています。


それでは中々ボールを高く蹴る事が出来ません。


インステップキックでも足の甲と膝が横になってしまう症状が多いので、

指導の際はまずインステップキックを正しく教え(足の甲と膝を正面に向ける)、

そこから、かかとを下に下ろすような感覚で下げ、

少し斜め(少しだけ横向き)に入るようにしてボールの真下を親指付近で狙おうと指導します。


インステップキックではボールのど真ん中を足の甲で狙って蹴りますが、

インフロントキックでは真下を狙って蹴ります。


少しの指導で30センチ程度しか上がらなかったキックが1メートル以上飛んだりします。


ボールの蹴る位置、足の当てる場所だけで簡単に変化します。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(北区)〜ドリブル時にボールをどこで触るか〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:10レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 北区の小学1年生のレッスンでした。 サッカーを始めたばかりの子や低学年の子はドリブルの際足の内側でボールを触る事が多いです。 ボールを押し出す一歩目では内側で触っても良いですが、常時内側で触るとなるとどうしてもガニ股になってしまいドリブルスピードが落ちてしまいます。

小学4・6年生兄弟レッスン〜シーズン開幕〜

学年:小学6年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:13レッスン 目的(悩み):キックの精度、スピードに乗ったドリブル、緩急、一対一。 学年:小学4年生(9歳) 経験:少年団で週何度か 回数:15レッスン 目的(悩み):キック力、ドリブル、一対一の守備、素早い動作。 今回は兄弟レッスンではシーズンが始まり、 試合が多くなってくる事で走り切る体力や瞬発面へのアプローチを重点し、 一対一では狭い

小学5年生グループ体験レッスン(港区)〜毎日の積み重ね〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 学年:小学5年生(11歳) 経験:週2程度 回数:体験レッスン 目的(悩み):BチームからAチームへ、基礎構築。 今回はグループレッスンの体験でした。 お友達同士で同時にレッスンをお受け頂く事でレッスン内容も広がりさらにレッスン料もお得になります! サイドキック、インステップ、インフロ