小学5年生個人レッスン(西区)〜ジュニア年代で強く大きくなる為に〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:週数回

回数:4レッスン

目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。


サッカーをプレーするジュニア年代は1日の消費量がとても多く、

大人と同じかそれ以上の量が必要くらいまで言われています。


毎日の食事は、5大栄養素がすべて取れるフルコース型の食事が理想です。

しかしこの点に関しては勉強(知識)も必要で、

毎日の親御様の苦労も必要になってきます。


まずは、すぐに始められる簡単な事から紹介致します。


それはサッカーの練習後30分以内に炭水化物(糖質)やタンパク質を素早く取る事です。


運動した30分後までは体作りや疲労回復を促すゴールデンタイムです。

例えば、練習に持っていきやすい物としては、おにぎりやバナナなどです。

すぐにお家に帰れるのであれば、牛乳と一緒に摂取できればさらに理想です。


少し深い事でいえば、就寝の2時間前までには夕食を終わらせておく事。

朝ごはんはしっかり食べる事といった点にまで気をかけてほしいです。


体の大きさは後に大きな差や武器にもなります。

簡単に始められる事から是非スタートしてほしいです。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com