小学1年生個人レッスン(名東区)〜体作り、アジリティ、両足を使う意識〜

最終更新: 2020年2月8日

学年:小学1年生(7歳)

経験:サッカースクール週1〜2回(1年程度)

悩み(目標):逆足も蹴れるようになりたい。

回数:2レッスン

目的:体作り、アジリティ、両足を使う意識、一対一〜


初回のレッスンから1週間空き、前回体に覚え込ませたステップの確認から両足を意識したトレーニング、タイ人の強化に幅を広げました。

低学年から体幹を意識したウォーミングアップを取り入れる事で、対人で負けない体作りを習慣化しボールキープでの身体の使い方も重点しました。

そしてアジリティ強化の為のラダートレーニング、引き続きステップをスムーズに使えるような身体の使い方も集中してトレーニングしました。


逆足で蹴る際、なかなか身体(軸足)がパスの方向に向かない問題点がありました。

相手をよく見ること、軸足を意識すること、蹴る時にボールに対して横から蹴るのではなくまっすぐ蹴ることを意識することで改善を試みました。


一対一のトレーニングでは、相手に向かっていかないこと。

左右に降る、相手の重心を意識して逆を突く事をトレーニングで重点しました。


全体を通して、ファーストタッチを身体の近くに置く、どちらの足でトラップすればスムーズに次に動けるか、逆足でトラップしても利き足ですぐに蹴れる位置に置くこと。

意識するだけですぐにうまくなれる要素がたくさんありました。


体が柔らかいことはケガ予防に大切なことです。

トレーニング後やお風呂上がりなどストレッチをすることをお忘れなく!


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com