小学生5年生個人レッスン(守山区)〜正確なシュートを打つ〜

学年:小学5年生(10歳)

経験:サッカークラブで週4〜5回

回数:18レッスン

目的(悩み):ドリブルの緩急と相手の逆を突く動き。GKとの一対一。


練習では上手くゴールできるのに、

試合になると枠を外してしまう・GKの正面にシュートが飛んでしまう。

狙った場所にシュートを打ちたいと思う子は多いはずです。


サッカーでは、

強烈なシュート・正確にコントロールされたシュートのどちらも基本になるのはキックの技術です。

まずは正しいキックの方法を身につけるのが大前提です。


そしてキックはミート(ボールと足の当たる位置)と当たる瞬間が最も重要です。

そこを強化することがキックの精度を高める事につながってきます。


練習と違い試合中は、相手のプレッシャーを受けます。

それに加えて、動きながらの状況になり、シュートを打つ態勢やボールに対する角度も変わってきます。言い換えると練習のような自分の好きな位置でのシュートや余裕はあまり無いと言えます。


試合中に正確なシュートを打つためには、技術はもちろん。

打つ前のトラップで自分の思い通りの場所にボールを置く事も重要になり、

相手のプレッシャーにも慣れておく必要もあります。


力いっぱい強いボールを蹴ってもGKの正面に飛んでしまったり、

コースが甘いと止められてしまいます。

または力んで枠を外す事も多いです。


インステップで打つ時は、

多少力を抜いた状態で打ったほうが狙った場所に行きやすく、GKの届かない場所に飛ばす方がゴールを奪いやすいです。

まずは練習から枠をはずさず、なおかつ左右に振り分けれるよう100%のパワーで打たずとも力があるシュートを練習したいです。


インサイドキックでのシュートはコースを狙いやすく、

インサイドキックを力強く蹴れるとよりゴールを奪えると思います。

この蹴り方のシュートの練習はシュートモーションをできるだけ小さく、なおかつ狙った方向に速いボールを蹴れるよう意識して練習したいです。


シュートを正確に強く打ちたいからシュート練習をただ闇雲に行うというよりは、

まずはキック(蹴り方や当てる位置)を正確に身に着け、

力を抜いた状態で狙った場所に蹴る事から初め、徐々に強いキックでも狙った方向に蹴れるように練習していきたいです。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

小学1年生個人レッスン(名東区)〜攻めの時でも半身の体勢が有効〜

学年:小学1年生(7歳) 経験:サッカークラブで週5〜6回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎構築、リフティング回数、ボールタッチ、一対一での突破。 一対一の守備時によく聞く半身の体勢、実は攻撃の時もとても役立ちます。 特に前線でパスをもらう時です。 サッカーを初めたばかりの子や小学生低学年の子は、前線で後ろからパスをもらった時にその場にトラップしてしまいます。 それでは相手のDFに向かいたい

年長個人レッスン(北区)〜練習で子供が集中出来ない(やる気がない)〜

学年:年長(6歳) 経験:サッカースクールで週3回程度 回数:4レッスン 目的(悩み):蹴り方、守る・ボールを奪う意識づけ。 年中・年長の幼児年代や小学生低学年のレッスンを行っている際に多いですが、 なかなか集中できていないなと感じる状況は多々あります。 特にその子が苦手な事をトレーニングしている時に現れやすいです。 当たり前の事ですが、子供は自分が好きな事・楽しい事には夢中でチャレンジします。

小学4年生個人レッスン(中区)〜サッカークラブでは教えられない細かい部分〜

学年:小学4年生(10歳) 経験:週数回 回数:4レッスン 目的(悩み):スタメン獲得、ドリブルの緩急、突破力、シュート力。 マンツーマンレッスンで生徒様を指導していて感じる事は、 多くの子供達がサッカーをする際の基礎に関するの細かい部分がなかなか身についていないという事です。 その細かい部分は指導し意識さえすれば簡単に身につくものですが、 サッカークラブやスクールの大人数を同時に指導する際には、

07040918312

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com