女子サッカー小学5年生個人レッスン(愛知県)〜初回レッスンのレポート(例)〜

最終更新: 2020年7月1日

学年:小学5年生(11歳)

経験:女子クラブチームで週1〜2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、強いボールを蹴る、パス後の動き出し、一対一。


今回のレッスンは女子サッカークラブに所属している女の子です。

初回のレッスンということで、止める蹴るの確認から始め、ロングキック、ボールタッチの確認・修正、ステップの踏み方、ドリブルの運び方・仕掛け方、そして実際に一対一のトレーニングを行いました。


トラップとサイドキックでのパスは、幼い頃からの経験で身についている様子でしたが、

目に付いたのが軸足の向きでした。

蹴る時に軸足が出したい相手の向きを向いてなく、内股気味になってしまいます。

そして蹴り足とボールに十分なスペースが無い為正確なキックが出来ていなかったので、まずはそこの修正を行いました。


インステップキックではしっかり当てることが出来ますが、体を倒す(斜めにする)事でさらに強く蹴ることも可能なので今後の改善ポイントです。


インフロントキックでは、しっかりと足(親指の付け根付近)に当てることが出来ていない為、ボールを浮かすことが出来ず低い弾道になってしまいます。

少し修正を加え、足の当てる場所、当ててから押し出すように体を移動することを教え、膝くらいの高さまで蹴れるようになりました。

慣れてくる(体に身に付いてくる)と身長までの高さを目標にしたいです。


ドリブルや一対一に関して、今後のレッスンでは間合いや抜き方・守り方の幅を広げていきたいです。

現時点で足がベタ足(地面に完全についた状態)になってしまい素早い反応を取ることが難しいように見えました。

ステップから身につけ、ドリブルでも一瞬で抜ける速さ、守備時の体を入れるタイミングなど今後のレッスンでトレーニングしていきたいです。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(西区)〜体を入れる=ボールの所有権を奪う〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:週数回 回数:8レッスン 目的(悩み):スタメン定着、ボールコントロール、体が大きい相手の対処。 ボールの所有権を奪うには、体を入れるディフェンスをする。 「ボールと相手の間に体を入れる」事です。 体を入れると聞くと、 上半身をボールと相手の間に入っていこうとしてしまう選手が多くいます。 しかしサッカーは足でボールを扱うスポーツです。 上半身でコースを塞いでも脚が

小学5年生個人レッスン(天白区)〜判断が遅い対処法〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:12レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、ボランチの要素、ジュニアユースに向けて。 サッカーを通して、度々耳にする言葉が、判断が遅いという言葉です。 (1)顔が上がっていない。 周囲の状況をパスを受ける前から把握できていない為、 ボールを受けてから次に何をしようか答えを見つけるために周りを見る。 そこからゴール前であればシュ

小学3年生個人レッスン(一宮市)〜新年初レッスン・どの状態でもパスを正確に出せるように〜

学年:小学3年生(8歳) 経験:最近スクールにて始めたばかり 回数:5レッスン 目的(悩み):初心者でいち早く周りに追いつきたい。 新年の初レッスンとなりました。 一宮市の3年生の生徒様でした。 12月の終わりに会った時にリフティングの自主練習が出来るようにお話していました。 今回会った時、しっかり家で自主練習を行っているようで、 一回づつのタッチが安定していました。 今回は止まっている時はしっか

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com