女子サッカー小学5年生個人レッスン(愛知県)〜サッカーにおいて男女で違いはあるのか〜

学年:小学5年生(11歳)

経験:女子クラブチームで週1〜2回

回数:4レッスン

目的(悩み):基礎構築、強いボールを蹴る、パス後の動き出し、一対一。


今回は現在女子のレッスン生徒を指導しているということもあり、

サッカーに置いて男女で違いはあるのか考えてみました。


実際、中学・高校生〜大人になると体格やスピード、力強さといった点で男女に差が出てきます。

日本代表戦を見ていても、その点を考慮し女子サッカーはチームプレーのスピードやテクニックという点に重点をおいた戦い方をしていると思います。


しかし小学生年代で考えますとほとんど差はないと考えています。

むしろ女子生徒の方がボールタッチの柔らかさや教えた事に対する理解の速さが良いと思ったりするほどです。


今回の生徒も理解がとても早く、すぐに技術を身に着けてくれていると感じます。

しかし女子特有(比較的多い)問題も発見できました。


女の子は日頃、内股の子が多いかも知れません。

その結果パスのサイドキックやトラップの時に自然と軸足が中に向いてしまい、

出したい方向に向けることが出来ていませんでした。

そしてパスがなかなか安定しないといった問題もあります。


意識すればその時はしっかり前を向かせることが出来ますが、

気を抜くと(自然と)内に向いてしまいます。


内股が全て悪いというわけではありません。


私の知り合いで内股が特徴的だった選手は、

中へのキックフェイント(切り返し)は誰もが驚愕するほど切れ味が鋭かったものです。


もう一つ、内股の子は内転筋が弱い傾向がある為にサイドステップ等での素早い動きが難しい事があります。


そのような点から、パスの時やトラップの時に軸足を向きたい方向に向けられる程度・素早い動作(アジリティ)に弊害のない程度までは意識せずとも正常に動かせるよう改善していきたいです。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学5年生個人レッスン(半田市)〜試合で使いたい選手になる為に〜

学年:小学5年生(10歳) 経験:クラブで週3〜4回 回数:9レッスン 目的(悩み):守備を躊躇してしまう、トラップの正確さ。 試合で使いたくなる選手はどんな子か? あの子よりは上手いはずなのに試合になかなか出れないとお話を頂く事は多いです。 実際、 チーム内で技術が高い選手でもスタメンでない事やサッカーの技術自体は劣っているがスタメンで出続けている子はいます。 その違いは、 試合に出て何をしたら

小学3・5年生兄弟レッスン〜年齢が離れている場合のグループレッスン〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:少年団で週何度か 回数:9レッスン 目的(悩み):スピードに乗ったドリブル、緩急、フェイント。 学年:小学3年生(8歳) 経験:少年団で週何度か 回数:10レッスン 目的(悩み):ドリブル、フェイント、素早い動作。 兄弟レッスンやグループレッスンでは年齢が同じくらい又は身体能力が同じくらいの場合、 練習内容も二人同時にアプローチ出来る内容になっています。 しかし今

小学5年生個人レッスン(天白区)〜ゴールに向かう事(シュートの意識)〜

学年:小学5年生(11歳) 経験:サッカークラブで週3〜4回 回数:13レッスン 目的(悩み):基礎、ロングキック、トラップ、シュートの意識、ジュニアユースに向けて。 全年代共通ですが、特に小学生年代の指導時に心がけている事はゴールに向かう意識です。 近年では、ドリブルやパスサッカーを意識しすぎた結果、シュートを打てる場面でも他の選択をしてしまう子供たちが多いと感じます。 知らず識らずの内に、ボー

©2019 by HARA FC. Proudly created with Wix.com